宇都宮の不動産通信大福袋ログ

宇都宮市の不動産情報、掘り出し物情報、コンサルティング回顧録、不動産オーナー等への有益情報など幅広くお知らせします

ブログ一覧

かましん駒生店(複合店舗)7月9日オープン

宇都宮市の大通りを西へ向かい、「桜2丁目交差点(桜通り十文字)」をさらに直進すると通称「大谷街道」入ります。その大谷街道沿いで宮環陸橋をくぐって右手に複合店舗から成る「かましん駒生店」が7月9日オープンします。

■既に準備万端!

建築・看板・外構・舗装など外見はすべて完了している様子!

■気になる入居テナントは!?

〇かましんCarnA・・・生鮮食料品・総合スーパーマーケット
〇マツモトキヨシ・・・ドラッグストア
〇セリア・・・100円均一
〇サンドライ・・・クリーニング取次
〇ポンヌフ・・・ベーカリー
一度にいろいろな買い物ができて便利ですね。

■駐車場は屋上にも!

元来バス便至便で住みやすい駒生・宝木エリア、かましん駒生店の登場でさらに便利になります。

■利便性が向上する当エリアに物件多数取り揃えております!

例えば・・・
リノベーション賃貸/宇都宮ロイヤルコーポ501号(2LDK・6.0万円 かましんのすぐ向い)
http://www.daifuku-r.co.jp/index.php?action_detail=dummy&f_uid=daifuku&f_tabpage=1&d_uid=daifuku&sm_id=2&r_no=668&indication=syousai
分譲地/駒生町3360-22他5区画(66〜80坪、最多価格帯1600万円台、宮環内側に入ってすぐ北入り100m)
http://www.daifuku-r.co.jp/detail_daifuku_2_daifuku_4_1062

その他、新築分譲住宅やアパートなど多数ご紹介可能です。
地域情報等についてもお気軽にお問い合わせ下さい!!





更新日時 : 2020年06月26日 | この記事へのリンク : 

紫陽花ならぬ秋桜満開!?

不動産管理業にとって梅雨時は雑草の伸びが早く、長雨・豪雨による建物への被害の有無確認など、巡回の回数が増え言ってみれば繁忙期です。この日も貴重な晴れ間を逃さず某管理物件へ赴くと、なんと花壇に秋桜が咲いているではないですか!?


■6月に秋桜が咲くんだ!
調べてみると、品種改良が進んだ結果、短日性の性質を持たない早咲き種も作出されたそうです。春に種まきをして夏に花を楽しむ早咲きのコスモスと、夏に種まきをして秋に花を楽しむ遅咲き(短日性)のコスモスがあるとのこと。
はー。この歳になるまで知りませんでした。


■花壇は大家さんが管理している。
何も自生したわけでなく、大谷さんの洒落た演出なのでした。この大家さんは横浜から宇都宮までまめに通って季節ごとの草花を咲かせアパートに彩りを添え入居者を楽しませます。頭が下がる思いです。

■ペット共生型アパートでもある個性派アパート
このアパートは、「ペット可」ではなく、「ペット共生」。ペットを飼育している方優先でご入居いただいております。ペット飼育規則、予防接種票・鑑札のご提出など、適正にペットを飼育するためのルールがあり、それらに同意していただいた意識の高い方が入居しますのでトラブルもほとんどなく、ほぼ常時満室です。

空き家が溢れるほど増えた賃貸住宅、これからの経営はこのような個性的で入居者に寄り添うスタイルが求められるのかもしれません。
※8月に一室空き予定があります。


更新日時 : 2020年06月25日 | この記事へのリンク : 

相続紛争回避、親の意識カギ〜日経新聞コラムより

家庭裁判所での遺産分割を巡る調停、審判の合計件数は2019年15,842件と10年前に比べ17%も増えているそうです。今回は、この問題の原因と現状、対策について日経新聞のコラム「経済教室」(2020年6月11日付)の記事をご紹介致します。

■政府は紛争防止のため遺言を書くことを推奨し、7月から法務局で自筆証書遺言を保管する制度が開始される。

・・・だが、年間死亡者は130万人台なのに、公証人が作成する公正証書遺言であれば、年間作成件数は約11万件と1割にも達しない。自分で作成する自筆証書遺言に件数は不明だが、遺言の開封時に必要となる家庭裁判所の裁判官による検認んは年間約1万8千件程度にすぎないのです。

■「遺産分割は死後、相続人が考えればよい」「遺言を書くとしても、年を取ってからでいい」。

日本ではこうした考えが根強く、問題を先送りする姿勢が目立ちますが、アメリカでは対照的に自分の死や認知症発症に備えて財産設計(エステートプランニング)をする人が年間死亡者の半数ほどいるとされます。「人生設計は自分で立て、責任を負う」という意識が強いということです。

■アメリカで財産設計の主流となっているのは「信託」

アメリカでは「プロベイド」といって、原則として遺産分割などに裁判所が関与し、遺言や遺産の内容、相続人の情報が公開されるが、これが不要となるのが「信託」をしている場合。自分の財産の管理・運用・処分を信頼できる人に託すのが「信託」です。

■日本でも「民事信託」という名前で信託に拠る財産設計が2007年の改正信託法施行で可能に

・・・だが、件数はまだ少なく信託財産も不動産に偏っています。

■まとめ・・・

日本では遺言を書くにせよ信託を利用するにせよ、先ずは人生設計やプランニング意識の醸成が必要。意識情勢がされないと相続を巡る紛争はさらに増加しかねない。
とのことです。

この問題は今話題の「終活」にもつながります。「どんな死に方をするか」ということ。明日生きているとは限りません!「死を見つめた人生」こそが人生のクオリティを高め、豊かなものにするのではないでしょうか。弊社では相続に関するご相談も承っております。「争続」にならないよう、今すぐに準備を始めましょう!

更新日時 : 2020年06月13日 | この記事へのリンク : 

高度医療とラグジュアリーな空間〜北一の沢町にホスピタリティー溢れる眼科医院が誕生しました。

光溢れる伸びやかなガラス張りの吹き抜け。緑輝く庭園が目に飛び込んできます。一流ホテルのラウンジ?と見まがうこの空間は弊社で開院のお手伝いをさせていただいた眼科医院の待合室です。6月1日の開院に先駆け5月30日、31日に開催された内覧会での一コマです。


☆新規開院の伊東眼科は宇都宮市北一の沢町に誕生しました。


北一の沢町は弊社のある桜4丁目の隣接する文教地区で、区画整然としたゆとりのある街並みとステイタス感で人気を博す住宅街です。幹線道路である「大谷街道」から一歩入った高台、広大な敷地に伊東眼科は聳え立ちます。



☆医療施設のイメージを超えたそのモダンかつナチュラルな建築は街並みを豊かにする。

その姿はデザイナーによる現代建築、ガラス張りの開放感と木(材)を多用した安らぎ感のバランスが絶妙で、街並みにアクセントとして豊かさを演出しています。設計段階のコンセプトを妥協せず完全に具現していることに驚嘆するばかりです。



☆すべては患者様の快適さを追求して。

南北2方道路に面し、ゆとりのある区画(幅2.7m以上)・通路(幅7m以上)の駐車場はなんと25台を収容(スタッフ用を除く)。患者様サイドの設えを貫徹していますね。



エントランス脇に眼鏡店を配置したり、院内処方の取り組みは眼の悩みにワンストップでお応えする決意の表れでしょう。


建物内に入り先ず目を見張るのはやはりガラス張りの巨大な吹き抜けです。光と植栽の緑が織りなす優しい空間は眼へのいたわりも計算内でしょうか。
    

内装や家具にも寛ぎへのコダワリが強く感じられます。手術室の待合も緊張を解す設えとなっています。


高度で最新鋭の検査・治療・手術の設備・機器たち。(専門外の当方も何故か思わず感嘆してまう)。


☆院長先生の人柄は太鼓判を押させていただきます。

院長の伊東先生は各大学病院の責任者、直近では済生会宇都宮病院で眼科医長としてこれまで難症例を中心に1万件以上の手術実績を持つ眼科のスペシャリスト。特に白内障、緑内障、網膜硝子体疾患の「日帰り手術」施術は、治療を待ちわびていた患者様には大きな朗報でしょう。
先生の人柄は温厚で実直、笑顔が爽やかで(失礼な言い方かもしれませんが個人的には)俗に言う「医者っぽくない」親近感の持てる方です。実は当方と先生の出身地が近い為、余計にそう思うのかもしれませんが。とにかく患者様にはストレスなく意思疎通できること請け合いです。


☆「当地へようこそ」

伊東眼科はこれから長きにわたって地域医療の発展に貢献されることでしょう。弊社を含め地域住民は感謝と期待の念で一杯です。当地へようこそ。そしてよろしくお願いします。


更新日時 : 2020年06月01日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2020年06月        >>
  123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930       

最近見た物件 (0)