宇都宮の不動産通信大福袋ログ

宇都宮市の不動産情報、掘り出し物情報、コンサルティング回顧録、不動産オーナー等への有益情報など幅広くお知らせします

ブログ一覧

掲載している賃貸物件はほぼ全てが弊社元付又は貸主物件です!

当ホームページでは常時100件程度の賃貸物件(駐車場含む)を掲載し、募集を行っています。不動産業界では1つの物件を複数の不動産業者がポータルサイトや各社ホームページで紹介していますが、ほとんどの場合その中の1社のみがいわば「オリジナル(業界用語:物元又は元付)」で、その他大勢は「カリモノ(物件用語:客付又は先付)」ということになります。

今や宇都宮市内では空きアパートが2万戸を超えているといわれる中、弊社ホームページの物件掲載数は少ないといえるかもしれませんが、実はそのほぼ全てが弊社「オリジナル」物件であります。丹念に調査し、時には募集の為のリフォームを提案したりしている物件ですので、以下のことが可能となります。
1.お客様からのお問い合わせには殆ど即答できます。
2.物件周辺の環境、利便性、入居者の評判(良くも悪くも)などの情報を把握しいます。
3.条件等の交渉時は、お客様のご意向(ご事情を含め)を貸主に直接正確かつ真摯にお伝えできます。
4.弊社貸主物件の場合は、仲介手数料が不要、設備等の更新・新設交渉可能などお得なことも!
これらをご提供することでお客様には安心感を得ていただけるものと考えております。

一方で、「客付け業者(カリモノ紹介業者)」は殆どの質問・交渉事項について「大家さんに確認してみます」と答えるほかなく、実際には物元業者経由となり回答まで時間がかかります。これはお客様にとって、とてもストレスがかかることになりかねません。

賃貸物件探しは、物件の内容や大家さんのキャラクターまでよく知る「元付業者」にご相談すると失敗が少ないと思います。弊社ホームページ掲載物件はその意味でご安心してご検討いただけます。



更新日時 : 2020年10月24日 | この記事へのリンク : 

弊社ロゴマークの件・・・

弊社はこの8月、お陰様で無事新社屋に移転し、支障なく通常営業を継続させていただいております。落成にあたり沢山の方からお祝い・お心遣いを賜り、感謝の念に堪えません。深く感謝致すとともにお客様、地域の方々、取引業者各位に支えられてこそ、今日までの50年間もの長きにわたり営業できたものと再認識致した次第です。

ところで、このような節目にあたり、改めて弊社ロゴマークに込めた思いをご紹介致したいと思います。



マークのイメージは・・・
社名の「大福」の<D>と事業内容の不動産<F>に頭文字を組み合わせる発想で、<D>を土地の象徴、<F>を建物の象徴とするイメージの表現となっています。

ロゴマークに込めた「思い」
顧客が大福不動産によって<D>という土地と<F>という建物とが円で調和するという「願い」が込められたものです。全体として大福不動産の温和な企業像を表現するように図案されています。
また、<D>の左上、<F>の右上が上がっているのは弊社の「向上心」及び不動産業界の発展を意味しています。
そしてコーポレートカラーのブルーは、「理知・冷静さ」、つまり、豊富な知識と技能(ノウハウ)に基づく安心・確実な業務遂行を表します。


世代を超えて同じ「思い」を保持
以上を一言でいうと、「COOL HEAD & WARM HEART」ということになります。
これは偶然にも私個人<現社長>が大学卒業時に恩師にいただいた言葉で、私自身の座右の銘なのであります。

およそ32年前先代社長が作成したこのロゴマークに込めた意図は、現社長、社員にも息づいています。世代を超えて同じ「思い」を胸に仕事に励みたいと思います。



更新日時 : 2020年08月21日 | この記事へのリンク : 

新社屋が竣工し、移転・業務開始致しました。どうぞご覧ください。

(有)大福不動産は、8月より新社屋に移転し業務を開始致しました!!

弊社創立50年目の節目に、かねてより建築中の新社屋が7月22日お陰様で無事落成の運びとなりました。
これもひとえに長年に亘る皆様のご支援の賜物と深く感謝申し上げます。


社屋企画設計のコダワリは・・・
外観・内装・設備その他すべて弊社社長の企画で通しました。設計施工にあたった建築業者には
わがままを聞いてもらい感謝しています。
外観ではシンメトリーなデザインと格子×白枠の窓に拘りました。
派手な色は一切使用せずともコントラスト効果で、ぱっと目を惹く建物になったと思います。



小雨振りそぼつ7月25日、26日(臨時休業をいただき、ご不便をお掛け致しました)、社員総出で引っ越し作業を完了し、翌27日から通常業務を再開致しました。

看板施工は7月25日、移転ギリギリで間に合いました。
全ての作業が雨天続きで捗りませんでしたが、何とか帳尻を合わせた感じです。



これまでは、接客・執務スペースが狭く、お客様には不快な思いをされた方もいらっしゃることでしょう。
また、従業員の職場環境も快適とは言えませんでした。折しもコロナ禍により、ソーシャルディスタンスが
叫ばれている中、新社屋では十分なスペースを確保できました。

  
接客スペース
明るく開放的な空間を目指しました。
  



      
会議・コンサルティング室はプライバシーに配慮した個室。
長時間に及ぶ契約等もできるだけストレスなく行いたいとの思いです。

洗面所・トイレには特に力を入れました!

  

広々とした洗面室はシングルレバーの給湯設備。
トイレは男女別、窓付、多機能便座設置で気持ちよくご利用いただけます。


  
今まで「カニ歩き」をしても靴をそこいらじゅうにぶつけていた執務スペースも広々となり、
従業員の仕事効率もUP!?

沢山のお客様・取引業者様に祝福していただき、感無量です!

  
お花の他にもたくさんの御品の御恵贈を賜り、心より御礼申し上げます。
昔から馴染みのオーナー様は、先代社長の話を交え、創立50周年を感慨深くお祝い下さり、当方涙が出るほど嬉しいひとときでした。

皆様にはお近くにお越しの際は是非ともお気軽にお立ち寄りください。


最後に、新社屋建築に携わっていただきました皆様に深く感謝申し上げます。

Special Thanks To
■設計・総合施工 螢謄ノホーム 深石社長 土屋部長 関下設計士
■内装・仮外構/(有)斎藤装備 斎藤社長
■サイン工事/(有)マコトデザイン 増渕社長
■空調工事/(有)アサノ 益子社長 益子店長
■ガス・給湯工事/螢献腑皀廛躊愿譟〆監支店長代理
■電話・通信工事・移転/PRIDE 白石会長 田崎社長
■セキュリティ工事/セコム宇都宮支店 高橋課長
■移転作業/ベンリー宇都宮西店 山縣社長 青木様
■解体工事/蠡臉 小岩社長

*****************************
弊社一丸となって次の50年を地域発展の為に突き進みます

有限会社大福不動産 代表取締役 渡邉 弘
                半田 早苗
                宮澤 司
                小林 裕子
          







更新日時 : 2020年08月03日 | この記事へのリンク : 

弊社事務所の新築について

弊社事務所は、桜通り交差点近く、足利銀行本店様の南側で大谷街道に面しておりますが、道路拡幅事業(大通りと同様の30m幅員の道路となります)に敷地の大部分が該当する為、移転が余儀なくされています。
今年は弊社がこの地に開業し、奇しくも50年目の節目を迎えることもあり、この際思い切ってお隣の道路にかからない土地をお借りし、自前で社屋を建てることにしました(大丈夫?と自問自答の日々)。

以前は2棟を利用した事務所でしたが・・・

2階建ての方が新築敷地にかかるので解体ししました。
というわけで、現在は元の1/2以下のスペースで執務中。
お客様にも窮屈な思いをさせてしまい、申し訳なく思っております。

2月に地鎮祭、基礎着工しました。
    
この頃、コロナ騒ぎはまだ中国の問題でした。
3月の建て方を経て最近やっと形になってきました。
  
屋根を葺いて、窓ガラス・出入口扉が入り取り敢えず雨は吹き込みません(ホッ)。

建築業者からは、「ここからが長いですよ」と言われています。
配管・配線や床・壁・天井などの造作はすべて職人さんの手仕事なので時間がかかるそうです。

予算が無いなりに新築で拘ったのは窓と2階の床です。
木造特有の音や振動を抑える為、2階の床は40mmコンパネと60mm床テック(コンクリート版)さらにその上にOAフロア(下駄ばき)+タイルカーペット仕様。建築業者と協議を重ねた結果です。果たして効果はどうでしょうか。

そろそろ内装のデザインや設えを決めねばならず、頭を抱える毎日です。
竣工は7月末を予定。それまでは窮屈ですし、8月は引越しなどでバタバタ。お客様には長らくご迷惑をお掛けすることになりますが、何卒ご理解賜ります様お願い申し上げます。

工事が進みましたらまたブログでご報告いたします!


※完成予想パースです。

更新日時 : 2020年04月30日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2021年04月        >>
        123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

最近見た物件 (0)